鍋島 柴垣椿文 木瓜珈琲碗皿

鍋島 柴垣椿文 木瓜珈琲碗皿

なべしま しばがきつばきもん もっこうこーひーわんざら

${ money(variant.price) } USD
在庫: 予約商品 ${ variant.quantity_available } 0 在庫以上のご注文です 在庫限り 豊富

熟練した職人による極細密な筆使いで鍋島の伝統文様・桃文を丁寧に描いた、コーヒーカップ&ソーサーです。

木瓜(もっこう)とは雲のような形状の変形型の名称で、紫陽花の仲間である梅花甘茶(別称:木瓜)の花びらやガクが発達した部分の雲のような形がモチーフと言われています。

全体的に薄く軽さを追求した、品格のある仕上がりです。縁部分も薄くすることで口当たり良くお使いいただけます。

文様柄のバリエーションは、野薔薇文、柴垣椿文、花柘榴文、橘文、桃文をご用意しています。

鍋島様式

鍋島焼が江戸時代から伝統のルールとして大事に守り続けてきた様式美で、染付1色(青)・赤絵付3色(赤・黄・緑)によって構成デザインされています。

極細密で丁寧に描かれた線、その中を何度も重ねた淡いグラデーションで表現することで、凛とした品格が醸し出されます。

献上品であった鍋島の伝統文様は、煌びやかな中にも日本古来の奥ゆかしさを感じることができるデザインです。

サイズ
  • カップ:W90 D76 H68 mm
  • ソーサー:W130 D120 H28 mm
容量
140 mL
SKU
食洗機
電子レンジ
  • 洗浄の際は中性洗剤を柔らかいスポンジ等につけて手洗い下さい。クレンザーやたわし等で強く擦ると表面に傷がつく事があります。
  • 食器洗浄機は洗剤に含まれる研磨剤や漂白剤の影響により上絵の色が剥がれる原因になりますのでお控えください。
  • 金・銀を使用した商品は、電子レンジには使用しないで下さい。
  • 全ての陶磁器商品に対して直火、及びオーブンでは使用しないで下さい。
  • 磁器は強い衝撃や急激な温度変化により破損することがあります。破損した商品はケガをする恐れがありますので使用しないで下さい。
  • 傷つきやすいテーブル等の上ではマットやクロスを敷いてお使い下さい。
  • 茶渋、湯あかその他ガンコな汚れ落としは台所用漂白剤を定められた方法で 御使用下さい。金銀加飾の器は変色の恐れがございますので使用しないで下さい。
${ selectedQuantity.value }

こちらもおすすめ

閲覧履歴